お得!Apple IDへの残高追加が10%ボーナス付き!入金方法解説

AppleのApp StoreやiTunes Storeを利用する際に、Apple IDに登録したクレジットカードで支払いを行なっている方は多いかと思いますが、あらかじめ、Apple IDに一定金額をチャージして、支払うことも可能です。

そして、現在、Apple IDへの残高追加で、その金額の10%が追加チャージされるキャンペーン中です!

Apple IDの残高とは

iPhone、iPadなどは、Apple IDでサインインしています。「設定」アプリを開いたら、一番先頭に表示される自分の氏名の下に表示されているメールアドレスが、Apple IDです。

iPhone、iPadだと、App Storeアプリを開き、右上に同じアイコンが表示されるので、そのアイコンをタップ。

残高がある場合は、「クレジット:¥1,000」というように表示されています。(チャージしたことがなければ何も表示されません)

▼残高がある場合▼

Apple ID残高はどんなことに使えるのか

Apple IDに入金したお金は、

  • App Storeでアプリの購入や追加課金
  • iTunes Storeでミュージックの購入や映画のレンタル、購入
  • iCloudストレージ(容量追加されている方)の支払い
  • その他サブスクリプション登録しているアプリやサービスの支払い

などに使用可能です。

サブスクリプション登録しているサービスのある方は、定期的に支払いが発生するので、この機会にApple IDにチャージしておくといいですね。

例えば、iCloudストレージを200GB契約していると、毎月400円支払いが発生します。

今回、4,000円分の残高を購入した場合、10%の400円が追加されているので、1ヶ月分の支払いが無料になるのと同じです。

Apple IDに入金する方法

1.App Storeアプリを開き、右上に同じアイコンが表示されるので、そのアイコンをタップ。

2.「Apple ID」に入金をタップ

3.必要金額を選びます。

  • ¥3,000
  • ¥5,000
  • ¥10,000
  • その他

から選択できます。

「その他」を選択すると金額を自由に設定できます。100円から30,000円までです。

今回のボーナス追加は、1回の購入のみ有効で、2回目からはボーナス分の表示がなくなります。いま必要な金額を考えて入金しましょう。

ボーナス追加期間は、6月3日までです。

コンビニでも10%増額キャンペーン中です

Apple IDへの入金は、コンビニや家電量販店で購入する、App Store & iTunesギフトカードでも行えます。

この場合は、レジでカードを購入後、カードの裏面に記載されている番号をiPhoneなどで読み取ってチャージする必要があります。

コンビニなどでは、3,000円や5,000円といった金額固定のカードと、バリアブルカードがあります。

今回のキャンペーンはバリアブルカードのみが対象なので気をつけてください。
※ヨドバシカメラなどは、一部の固定金額も対象です

Getbonuscode

バリアブルカードとは

バリアブルカードは、コンビニなどのレジでチャージしたい金額をいい、その金額を支払います。レジでカードの情報がスキャンされ、支払った金額が登録される仕組みです。

バリアブルカードでのチャージは、1,500円〜50,000円まで可能です。なお、このキャンペーンは、Appleのものより短くて、5月9日(日)までです。そして、5月10日には登録締め切りされるので、購入したらすぐに登録する必要があります。

登録完了すると、メールでボーナス分のコードが送られてくるので、そのメールに記載の内容に従って追加登録してください。

LINE Payでは10%引きクーポン配布中

LINE Payでも同様のキャンペーン中です。

こちらは割引クーポンなので、まずはLINE Pay該当ページでクーポンをダウンロードし、コンビニと同様のギフトカードを購入。その際クーポンが適用されて10%割引されます。

購入したギフトカードを、ご自分のApple IDにチャージして完了です。

詳しくは、LINE Payの以下のサイトをご覧ください。

LINE Pay|App Store & iTunes ギフトカード購入で使えるLINE Payクーポンプレゼント
App Store & iTunes ギフトカード購入で使えるLINE Payクーポンプレゼント

まとめ

手軽さを考えると、一番最初のApple IDに直接チャージするのが楽ですね。その場合は、支払いに使ったクレジットカードのポイントが貯まる場合もありますので、10%以上の還元になります。

Apple IDにクレジットカードを登録していなかったり、クレジットカード自体が使えない方は、コンビニなどでのバリアブルカードを利用することになります。

コンビニは現金支払い、家電量販店などはポイント付加対象外となることもあります。利用する店舗での条件を事前確認した方がいいです。

タイトルとURLをコピーしました